ゴジラVSデストロイア

大河原孝夫(本編)川北紘一(特技)監督作品『ゴジラVSデストロイア』を観た。
ゴジラゴジラジュニア、デストロイアが登場、平成ゴジラ完結作品。公開当初は「ゴジラ死す」をキャッチコピーにとても煽られた印象がある。前回の記事で言及した通り『ゴジラ』(1954年版)の続編の形を取っている。

まず『ゴジラ』(1954年版)、続いて本作のあらすじを確認する。

洋上で船が炎上事故で沈没する。船所属の会社に勤める緒方秀人はこれが原因で古生物学者山根恭平博士の娘である山根恵美子と音楽鑑賞に行けなくなってしまう。その後も船は続々と消息を断つ。
消息を断った漁船から若い漁師のみ大戸島に帰ってくる。漁師は海の中に巨大な生物がいると語る。記者は老人より大戸島のゴジラ伝説を聞く。島では不漁に見舞われると海中にいるゴジラを鎮めるべく若い女を海に流していたという。その名残は島の神楽になって残っているのだ、と。嵐の夜、巨大な生物が島を襲い、生き残った漁師とその母が家屋の下敷きになり死ぬ。漁師の弟、新吉だけが生き残る。
島の陳情を受け取った国会は調査隊を派遣する。派遣されたのは古生物学者山根博士、そして娘の恵美子、緒方たちだった。船の見送りに恵美子の元許嫁である化学者芹沢大助博士の姿もあった。緒方は滅多に人前に姿を表さない芹沢の姿を見て「事が重大である」と恵美子に語る。
島での調査の結果、巨大な足跡が発見される、足跡から放射能が検知され、古生物の死骸も確認される。すると山の向こうにゴジラが現れる。
深海に住んでいた恐竜が水爆実験の影響で姿を現したと山根博士は国会にて報告する。ゴジラ対策として海中に機雷が設置するもゴジラ東京湾に姿を現す。
新聞記者は「スイスにいる特派員がドイツ人から聞いた。」という芹沢博士の研究がゴジラ対策になるのでは無いかと恵美子と尋ねる。しかし芹沢博士はそんな研究はしていないと記者を追い返す。しかし恵美子にのみオキシジェン・デストロイヤー(酸素破壊剤)の効果を見せる。一方、山根博士はゴジラの生命力を学ぼうとせずただ殺そうとする人々に意気消沈していた。
ゴジラが品川から東京に上陸し、街を破壊する。ゴジラを迎え打つ防衛隊、それを見守る一群には山根博士の養子になった新吉の姿があった。政府は住民を避難させ、鉄条網に電流を流す対策をする。しかしゴジラはそれをものともせず東京を火の海にする。ゴジラが海に戻った後、病院で惨状を見た恵美子は緒方に芹沢博士の研究を「喜んで裏切り者になる。」として告白する。芹沢博士を尋ねた二人に「悪魔の兵器になる。」と使用する事を否定する。しかし、テレビから流れる乙女の鎮魂歌、二人の説得により「一度だけだ。」としてオキシジェン・デストロイヤーの使用を決める。
放射能から水中のゴジラの位置を突き止め、緒方と芹沢博士はオキシジェン・デストロイヤーを持って海に潜水する。海中でゴジラを発見した芹沢博士は独りゴジラに近づきオキシジェン・デストロイヤーを使用する。ゴジラが白骨化したのを見届けた後、「幸福に暮らせ。」と語りチューブをナイフで切ってしまう。ゴジラの最後を見届けた山根博士は「あのゴジラが最後の一匹だけとは思えない。」と語る。


ゴジラVSデストロイア』にて再登場するのは、オキシジェン・デストロイヤー、山根恵美子、山根家に養子となった新吉の子どもたち、山根ゆかり、山根健吉である。しかし山根恵美子演じる河内桃子の側に緒方の姿は無い。「喜んで裏切り者になった」女性はその代償として偲ぶ道しか生きる道が無かったのであろうか*1


ゴジラとリトルゴジラが消息を断った。その原因はバース島で天然ウランが熱水に反応した結果だった。この影響により恒常性を失ったゴジラは身体を赤く光らせ暴走、香港を襲う。これを受けGフォースでは核爆発の可能性があるゴジラ対策が協議されていた。そこである学生が送ったという論文が示される。学生は山根健吉と名乗り、一度はGフォースの参加を断るものの、サイキックガール三枝未希の存在を知ると態度を変える。
一方、日本ではミクロオキシゲンなる研究成果で物理学賞を受賞した研究者伊集院がテレビに出演していた。インタビューを行うニュースキャスター山根ゆかりは研究成果が兵器に流用される可能性を危惧、楽観的な姿勢の伊集院に苦言を呈する。テレビを観た山根恵美子は芹沢博士のオキシジェン・デストロイヤーとの類似性に気が付き、山根ゆかりに連絡を取る。
時同じくして、品川の水族館で魚が白骨化する現象や海底トンネル掘削現場で事故が頻発していた。伊集院は海底トンネルから砂を採取し研究室に持ち帰る。品川沖はゴジラにオキシジェン・デストロイヤーが使用された場所であり、無酸素状態を招いた状況を研究していたのだ。その結果、古代生物が無酸素状態に反応し異常進化していた事が発覚する。デストロイアと名付けられた古代生物は警視庁特殊部隊の攻撃に一時的姿を隠したものの集合して巨大化して行く。
リトルゴジラは帰巣本能によりベーリング海アドノア島を目指すなか日本に上陸、バース島消失の影響で巨大化しておりゴジラジュニアと名付けられる。そこに駆けつけた三枝はゴジラジュニアが生きていた事に安堵する。その姿は緑色のゴジラザウルスといった風情である。
一方、原子力発電所を襲おうとするゴジラに対し噂のヤングエリート集団*2黒木が搭乗するスーパーXⅢがカドミウム弾及び冷凍弾で食い止める。これによりゴジラの核爆発の可能性は無くなった。しかし今度はメルトダウンの可能性があるという。この事態に「チャイナ・シンドロームか」と溜息を吐くGフォース司令部。そこで健吉はゴジラを化学的に消滅させるべくゴジラデストロイアを戦わせる事を提案する。三枝たちは当初反対するもののこれを了承、ゴジラジュニアを誘導し、ゴジラを引き寄せようとする。
東京湾に上陸したゴジラジュニアとデストロイアの戦いが始まる。熱線でデストロイアと戦うものの試合巧者はデストロイアでありゴジラジュニアは息絶える。そこにメルトダウン間近のゴジラも東京に上陸する。ゴジラデストロイアと戦うなか、同族であるゴジラジュニアに顔を近づける、どうやらエネルギーを吹き込んでいるらしい。しかしゴジラジュニアの反応は無い。ゴジラは身体が溶け始めるなかデストロイアを追い詰める。逃げようとするデストロイアには背後に控えていた自衛隊の攻撃により撃沈。ゴジラメルトダウンにはスーパーXⅢとその部隊による冷凍攻撃による食い止められる。放射能を飛散させながら白骨化して行くゴジラ。東京は放射能に侵された大地となるのだ………しかしスーパーXⅢの計器が放射能のレベルが落ちていく事を知らせる。そして白煙の向こうからゴジラのシルエットが浮かび、咆哮が聞こえるのだった。


メルトダウンという言葉を知ったのは本作に他ならない。その後、福島第一原発事故が発生していた際、ひたすら本作を思い出す事になった。またスーパーXⅢが登場するが、その本来の目的は「原発のシビアアクシデントに対処する為」であり、ゴジラ迎撃を目的としていない。これも時代の要請なのだろう。スーパーXは首都防衛兵器、スーパーXⅡは対ゴジラ兵器、スーパーXⅢは対原発事故兵器、兵器の目的が変わっていくのは面白く思う。ちなみにスーパーXⅢはサンダーバード2号機を一番彷彿させて好みである。また本作ではゴジラに核爆発の可能性がある為、通常の火気攻撃出来ない為、Gフォースでは無く自衛隊が出張っているという設定である。

物理学者伊集院を演じるの辰巳琢郎である。伊集院はミクロオキシゲンの研究の先にオキシジェン・デストロイヤーがある事を察知している。またオキシジェン・デストロイヤーがもたらした影響を自ら調べているように古生物学者である山根博士、芹沢博士を「この世界にいればもちろん知っている。」と説明する。
山根博士の養子となった新吉の子どもたち山根ゆかりをいしのようこ、山根健吉を林泰文が演じている。新吉は故人となっており、健吉によれば山根博士のような学者に育て上げようとしたという。しかし山根ゆかりはニュースキャスター、健吉は大学を留年している落第生である。ただし健吉は幼い頃からゴジラに興味を持ち趣味として研究した結果、論文が認められGフォース対策室に招集される事になる。オキシジェン・デストロイヤーでゴジラを化学的に消滅させようとした為、山根恵美子から諭される等、若さが描かれる。結果的にデストロイアによってゴジラを倒すという計画を立案、「僕らはオキシジェン・デストロイヤーをつくらなかった、しかしオキシジェン・デストロイヤーはそこにある。」は本作の決めゼリフの一つ。山根ゆかりは山根恵美子の忠告により伊集院を取材する事になり、デストロイアに巻き込まれるかたちでゴジラデストロイアの戦いを見守る事になる。

サイキックガール三枝未希はVSメカゴジラ、VSスペースゴジラと段階を経て、ゴジラを愛する人間になっている。ゴジラジュニアの誘導によるゴジラデストロイアを対決させる作戦にも真向から反対する。しかし同じくGフォースに勤めるアメリカ情報官でありサイキックガール小沢芽留演じる大沢さやかの「あなたがやらなくても私の能力でジュニアを誘導する。」という言葉を逡巡した結果、作戦を了承する事になる。
三枝未希の系譜は超能力やゴジラを見守るという観点から言えば、モスラにおける小美人・コスモスにあたるのだろう。しかし小美人・コスモスは生まれながらに怪獣の代理人だが、三枝未希はそうでは無い。人間という立場からゴジラと意思疎通するのである。その為、どうしても想いとは矛盾する行動を取るしか無い。本作と『ゴジラ』(1954年版)に於けるゴジラを抹殺しようとする人類に意気消沈する山根博士とゴジラ抹殺のため元婚約者を裏切った山根恵美子を一つにした存在であるかのようだ。また『ゴジラ FINAL WARS』ではミュータント化した人類が怪獣にこの上無く近い存在として描かれている。これも三枝未希の系譜に属する問題を扱ったものだ。

ゴジラデストロイアの戦いはある意味ではグダグダな展開とも言える。しかし『ゴジラ』(1954年版)の深みが繋がる事により、ゴジラを巡る人間ドラマに胸熱くなる事は間違い無い。ゴジラが地上で溶け白骨化される姿は、芹沢博士が水中で命を賭して見守ったゴジラが白骨化して行く様を想起させる。


平成ゴジラをリアルタイムで観ていたものとして、シリーズの再観賞は非常に楽しいものだった。三枝未希の系譜についてはまだまだ考えるべきところがあるように思うのだがそれはまた別の機会に譲る。

*1:小野俊太郎著「ゴジラの精神史」によれば山根恵美子の初期設定は積極的な性格の女性像だったらしい。これについては本書を記事化した際、言及する。

*2:だった?