読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『るろうに剣心 京都大火編』

映像

大友啓史監督作品『るろうに剣心 京都大火編』を観た。
『るろうに剣心』実写版の続編。志々雄真実内乱を描いた二部作の前編。相変わらずドラマ部分には閉口しきりだが、やはりアクションシーンは格好良い。
冒頭、斎藤一が志々雄真実と出会うシーンから始まり、大久保利通暗殺、緋村剣心の神谷薫との別れ、巻町操の登場、新月村にて志々雄真実と邂逅、折れた逆刃刀探しに伴う十本刀張との対決、京都炎上、戦艦煉獄の登場とほぼ原作の内容を踏襲しているもののの、剣心を狙う四乃森蒼紫が東京に現れたりしている。
新月村での剣心の大立ち回りは逆刃刀で叩くという動きを取っていて感心させられた。尚、ここでは尖角の登場無し。再現度高い神木隆之介の瀬田宗次郎との対決も良い。土屋太鳳演じる巻町操は原作通り怒りの怪鳥蹴りがあるのでとても満足。この映画で良かったのは土屋太鳳だと思う。但し、後編での巻町操は役柄上叫んでいるだけで良い所無し。意外なのは十本刀張との対決がきっちり描かれている事だが、その他の十本刀は瀬田宗次郎以外は雑魚扱いという形になっている。あと左之助は二重の極みを習得しないので身体が頑丈な人という扱いに収まっている。あと京都炎上の際、剣心を罠にハメようと志々雄真実の格好をした複数の敵との戦闘シーンがあり、これには失笑を禁じ得なかった。
志々雄に捕らわれた神谷薫を取り戻すべく剣心が戦艦煉獄に登場。海に落とされた薫を追い掛けるが、甲斐なく海辺で倒れているところを福山雅治演じる比古清十郎に助けられ本作は終わる。もうこの辺りで色々筋が悪いのは明らかだが、アクションシーン観たさに続編も観賞した次第である。