読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

怪獣大戦争

本多猪四郎(本編)円谷英二(特撮)監督作品『怪獣大戦争』を観た。
ゴジララドンキングギドラが登場。

木星13番目の衛星X星にサンダーバード風のロケットで向かうパイロット富士とグレン。着陸後、衛星を探査中、グレンが姿をくらます。すると声が聞こえ、富士は衛星の地下に案内される。地下ではX星人と名乗る男たちが生活をしており、富士とグレンに癌の特効薬と引き換えに衛星を破壊し尽くさんとするキングギドラを倒す為、ゴジララドンを借りたいと言う。
地球連合本部のある日本に帰還した富士とグレン。X星人との取引が進むなか、富士とグレンは妹とその婚約者であるしがない発明家と面談していた。富士を発明家を頼りないと言い結婚に反対する。しかし発明家は防犯ブザーの発明がある会社から買い取られる予定があるという。一方、グレンは妖艶な女性と付き合い仲を深めていた。しかし発明家が偶然二人の姿を発見し不信を抱く。グレンの交際相手である女性こそ発明を買い取りたいと申し出た張本人だったのだ。
X星人ゴジララドンをその科学力で以て捕獲。地球連合X星人の行動に不信を抱きつつ、交渉を受け入れる。富士とグレンはX星人の宇宙船に乗り、X星へ向かう。X星人は電子計算機を活用し、その宇宙船は光速の何分の一の早さで飛ぶのだ。
X星に運ばれたゴジララドンキングギドラを圧倒、キングギドラは宇宙に飛び去って行く。シェーのポーズで喜びを現すゴジラX星人が用意したサンダーバード風のロケットのコピーで地球へ帰還する富士たちだったが、X星人に渡された癌の特効薬が記されたテープには地球への宣戦布告のメッセージが残されていた。X星人の宇宙船による地球への攻撃、操られたゴジララドンキングギドラの猛襲に人類は危機に陥る。
その頃、グレンの恋人を不信に思った発明家は彼女の後を追い、ある島の別荘に侵入するも監禁されてしまう。
地球への侵略を阻止するべく怪獣を操る電磁波を遮断する作戦が進む一方、グレンもまた恋人に真偽を問い質していた。恋人はグレンに恋をしてしまった事、しかしそれはX星人の未来を指し示す電子計算機とは相容れないのだと語る。同様の容姿をした女性X星人たち、電子計算機が導き出した過度な合理性に戦慄するグレン。恋人はグレンを守り命を落とす。そしてグレンもまた発明家と共に監禁されてしまう。電磁波遮断作戦が進む一方、グレンと発明家は、防犯装置が発する音波こそX星人の弱点である事に気がつく。この弱点を用いて島から脱出するグレンと発明家は電磁波遮断作戦に加わり、X星人を撃退、ゴジララドンもまたキングギドラを撃退するのだった。

SF色が強い作品になっており、正直サンダーバード風のロケットや木星までの宇宙旅行の設定には疑問を呈したくなるのだが、それはご愛嬌。X星人のコスチュームは怪しげで印象的。電子計算機で合理化が進んで容姿が全て一緒という設定はなかなか面白い。電子計算機が示すディストピア社会と言えば思い出すのは「火の鳥 未来編」。グレンの恋人でありX星人だった恋人を演じるのは水野久美。オカッパ頭で眉は鋭く、X星人のコスチュームを纏った姿が美しい。グレンを演じるニック=アダムスも結構新鮮。また鑑賞中には気がつかなかったのだが、X星人が敗走し自爆する際、「我々は未来に向かって脱出する。まだ見ぬ未来に向かって」という台詞があり観賞した人に強い印象を残しているようだ。他方、俺はこいつら電子計算機使っている割に馬鹿だなという位しか思わなかったのだが。