読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015年1月3日

二度寝から目覚めて午前九時三十分。PCのディスプレイを少し眺めた後、シャワーを浴びジムに向かう。

駅へ向かう途中、ゴミ置場に選挙の投票用紙を見つける。そんなものだと思う。

さすがにジムに人は疎ら。モニターで箱根駅伝を観る。青山学院が十分差をつけて首位。それに駒澤、東洋、明治、早稲田、東海と続く。首位が先行した為だろうか、一斉スタートを切った選手がシード権十位以内に割り込んでおり、順位が着順と異なる状況となっていた。近年、箱根駅伝を眺めていると正月早々から中央と地方の関係について考えてしまう。

帰りにスーパーに寄り自宅に戻る。早めの夕飯の後、父から電話がある。正月早々風邪をひいたそうである。体調に気をつけて欲しいと思う。

太い鼻毛を発見し、それを抜き観察する。弾力と太さに気味の悪さすら感じる。今から数年前、行きつけの床屋で鼻毛の処理について尋ねた事がある。鼻の穴の手前の毛は抜き、奥の毛は切ると三十代後半の男性は応えた。「煙草を吸っていると鼻毛が伸びませんか?」「伸びるし、針金みたいな毛が生えてくる。」と笑っていう。かみやたかひろが四コマ漫画「へろへろくん」で繰り広げたのは「鼻毛な君にFall in Love」という鼻毛同士の恋愛劇だった。