2009-02-03から1日間の記事一覧

 日本語が亡びるとき 英語の世紀の中で

水村美苗著『日本語が亡びるとき 英語の世紀の中で』を読んだ。 昔、姉が夏目漱石にハマッていた時があった。彼女は『明暗』の続編を書いている現代の小説家がいると家族と話していた。私ははたでその話を聞きながらその小説家を、スゴイ人だなと思った。そ…