悪夢探偵 

 『悪夢探偵』を観て来た。

(追記20081121)
 どうやら第二作が発表されるらしい。
 夢に潜りこむという行為で連想するのは夢分析フロイトやらユングやら。この二つのやり方は失敗する、つまり相談者を助けられないという点において、効果的な治療とはいいがたい。そしてタナトス、つまり死にたいという欲求が関係してくる。観たときは何も考えなかったが、非常に精神分析からヒントを得て創られた物語かもしれない。本当に今更だが。松田龍平のダークな感じがよかったのだが…。

悪夢探偵 (角川文庫)

悪夢探偵 (角川文庫)