読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2014年12月30日

二度寝からの目覚め。世の中まだ働いている人もいるらしい。かくいう事務所の客先駐在員の面々もそうである。雨戸を開けると柔らかい陽射しが濡れた路面を暖め、その上で猫が毛繕いをしている。

部屋の掃除をしてジムに向かう。やはり今日は暖かい。ジムのモニターで中村屋を特集したものを眺める。中村勘九郎に伴っている前田愛とその子どもが映る。前田愛は美しい母になっていた。その長男七緒八の初演の千秋楽は素人でもしっかりと演技している事が判るものだった。間が無くジムに行った為、疲労が隠せない。

帰りにスーパーに寄るも混んでいる。米と洗剤が切れ掛けていた事を思い出し荷物の重みにうんざりしながら家路に着く。

アパートの更新に関する書類が届く。このアパートで5年も暮らしているらしい。更新料は思った程でも無いが契約期間が二年から一年になっているので安くも無い。しかし家賃が二千円下がるらしい。以前の更新時に二千円下がっているので合計四千円の値下げである。さすが安アパートのボロアパート、設備的にこの金額が妥当だと思う。選択肢が更新一択しか無いのが何とも情けない。