読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2014年10月30日

駅前で自転車を横に男女が仲睦まじく会話を交わしている。女性の手が男の髪を梳き、そのまま頰を撫で、キスを交わす。午前七時五十分の接吻。俺は思わず顔を顰める。

満員電車の中、更に頭の中で、怒りが満ちていく。

客先の担当者が今度海外赴任になるという話を耳にする。

上司からの電話に出る。目当ての上司は今日が休暇を取っている事を告げ電話を切る。こんな電話してのやり取りが俺への評価になっているというのだからウンザリする。

黙って仕事しているがもういいやという気持ちが占めている。

地下鉄構内、イヤフォンの音楽が止まった間、排水口に流れる水の音が聴こえる。