『自分の群像』『死の谷'95』

 いつぞや図書館で廃棄本を配布していたので「群像」をもらってきた。そんで放置していた。でやはり暇をもてあましていたので、適当に呼んでみた。まず町田康の『自分の群像』というモノを読んでみた。後半あっという間に話が加速して終わった。次に青山真治の『死の谷'95』を読んだ。これはかなり良くてもっと早く青山真治の小説なり映画なりを観ておけばよかったと思った。そういえば彼の映画『サッド・ヴァケイション』が気になっているのだが… 

死の谷’95

死の谷’95