ゆきゆきて、神軍 

 『ゆきゆきて、神軍』を観た。

 友人の家で鑑賞した。正直すごい内容だった。友人は、このドキュメンタリーのカメラワークなどに疑問をもっているようだった。とりあえず一回観てみることをお勧めする。第二次世界大戦の日本軍における真実の一端と出会えると思う。ドキュメンタリーといっても映画だからどこまで真実なのかわかりませんが…。

そしてよく政治家が「資料(証拠)は残っていない。(だからそのようなことはなかった)」と言っていますがこの映画を観ると、資料はなくても人が心に閉まっている事実があるということがわかります。もちろん法律や国家間での協議において資料は大事であるし、それに私は賛成であるが、資料化されていない真実もあるわけで、それをこの映画から主題ではないにしても一つのテーマとして考えることができたのです。



ゆきゆきて、神軍 [DVD]

ゆきゆきて、神軍 [DVD]